毛皮はいらない

alt=

2010年6月13日日曜日

映画「Earthlings(アースリングス)」

ある方から教えて頂いた、動物の尊厳を問うドキュメンタリー映画です。
ぜひご覧頂くことをおすすめします。(※注参照)

アメリカで2006年に劇場公開された映画、日本では未公開です。
宣伝などほとんどされませんでしたが、口コミで広まっていったとのこと。(私もこの「口コミ」に入りますね)

この映画では、「種の差別」をテーマに、人間の手による動物たちの受難を、「Pets(ペット)」「Food(食べ物)」「Clothing(衣服)」「Entertainment(娯楽産業)」「Medical research(動物実験)」のパートに分けて紹介しています。

日本語字幕付きと英語版のふたつをご紹介します。
私たちが普通に生活している場所で、この映画で紹介される現実【人間の手により動物が日々どんな扱いを受けているか】を見ることは、滅多にありません。しかし、この映画で紹介されていることは、遠い遠いどこかのお話でもなく、ずっと昔のお話でもなく、現実、なのです。今、まさに、私たち人間が行っている行為です。

私たちの日常生活では見えない所で、実際に、現実に行われていることを知ることは、とても大切です

(※注)残虐な映像があります。苦手な方はお控えください。私もしんどくて、途中、休みを入れながら観ました。

(2010/7/1 日本語字幕付きがフルバージョンになりました!)

◇Earthlings official website  http://www.earthlings.com/

【日本語字幕付】

Earthlings with Japanese subtitles from lana on Vimeo.


【英語版(英語字幕付)】